Service

マイクロニードル開発事業

Micro Needle

感染症の早期診断用マイクロニードルパッチの開発

感染症の早期診断用マイクロニードルパッチの開発

東京大学 金 範埈(キム・ボムジュン)教授による技術監修のもと、BNS Medicals社との協業により、感染症の早期診断用マイクロニードルパッチの開発を行なっております。
金範埈教授の研究開発グループは、人間の肌に直接貼っても無痛かつ簡便に血糖値などの計測を可能にするマイクロニードル型センサーシステムを開発し、血糖値の計測に向けた製品化への検討を進めるなど、その実用化・事業化に向けた取り組みを加速しています。
医療用として、このマイクロニードル型センサーシステムを製品化できるようになると、在宅での医療診断や遠隔治療などの多彩な使い道が開ける見通しです。

Prof., Ph.D. Beomjoon Kim

金範埈(きむ・ぼむじゅん) 東京大学 生産技術研究所 教授

金範埈(きむ・ぼむじゅん) 東京大学 生産技術研究所 教授

1998年 フランス国立科学研究センター(CNRS-LPMO) LPMO 博士研究員
1999年 オランダトウェンテ大学(Twente Univ.) MESA+研究所 博士研究員
2000年 東京大学 生産技術研究所 准教授
2014年 東京大学 生産技術研究所 教授
現在に至る

金範埈(きむ・ぼむじゅん) 東京大学 生産技術研究所 教授

BNS Medicals

株式会社 BNS Medicals

株式会社BNS Medicals

BNS Medicals社は、最先端のマイクロニードル技術を使用して、よりスマートなドラッグデリバリー
システムとウェアラブルバイオセンサーを構築しています。

http://www.bnsmedicals.com/
株式会社BNS Medicals

back to top